ロータリーについて

 

【ロータリーとは】

ロータリーは人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度な道徳的基準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した実業人および専門職業人が世界的に結び合った団体です。

 

【ロータリーの歴史】

20世紀初頭のシカゴ。青年弁護士ポール・ハリスは、友人3人と「お互いに信頼のできる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい」という趣旨で『ロータリークラブ』という会合を考えました。その後、志を同じくするクラブが、つぎつぎ各地に生まれて、国境を超え、今では200以上の国と地域に広がり、クラブ数34.200、会員総数120万人に達しています。そして、これら世界中のクラブの連合体を国際ロータリーと称します。日本では全国で約2,300のクラブがあり、 約89,000人のロータリアンが活動しています。

 

【ロータリーの組織構成】

◎クラブ
ロータリアンはロータリークラブの会員であり、クラブは国際ロータリー(RI)の世界的連合体に加盟しています。各クラブは、それぞれ独自に役員を選び、ロータリー定款・細則の枠内で広範囲にわたり自治権を行使することができます。
◎地区
クラブは約530のRI地区に分けられ(日本は34地区)RI役員である地区ガバナーが各地区を統括します。地区ガバナーは7年以上のロータリー歴を有するロータリアンで、クラブ会長経験者の中から選ばれます。地区ガバナーの任務は国際ロータリーの役員として1年間、国際ロータリーの方針を地区に実施することです。また、ガバナーの任務を補佐する役職として、地区ガバナーはガバナー補佐を委嘱します。ガバナー補佐や各種委員会を含む地区管理機構がクラブを指導、支援します。

 

【四つのテスト】

職業人としてのロータリアンの心構え、ロータリーの倫理基準を簡潔かつ的確にまとめたものです。
四つのテスト
言行はこれに照らしてから
1.真実かどうか
 (Is it the TRUTH?)
2.みんなに公平か
 (Is it FAIR to all concerned?)
3.好意と友情を深めるか
 (Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?)
4.みんなのためになるかどうか
 (Will it be BENEFICIAL to all concerned?)

 

【ロータリーの目的】

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。
第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
第3 ロータリアン一人一人が個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

 

 

【2017-2018年度国際ロータリーのテーマ 「ロータリー : 変化をもたらす」】

RI会長 イアンH.S.ライズリー

組織として、私たちは、ロータリーとは何か、何をするのかを世界に理解してもらうことが、いかに重要であるかを認識しています。同時に、各クラブがロータリー奉仕を独自に定義することが、かつてないほど重要であると自覚しています。ロータリアンである私たちは、これまでよりも柔軟に、クラブの例会、活動、発展の方法を決定でき、また、もっと多くの女性や多様な会員を迎え入れて、地域社会の特色をクラブに映し出すことに力を注いでいます。長期の計画、持続可能な奉仕、全レベルでのリーダーシップの継続性を重視することで、ロータリーが世界有数のボランティア組織であり続けるよう努力しています。

 2017-18年度、「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答えます。それぞれどのような方法で奉仕することを選んだとしても、その理由は、奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせると信じているからです。新しい遊び場や学校をつくる、医療や衛生設備を改善する、紛争仲裁者や助産師を研修するなど、私たちはその活動が、人数が多かろうが少なかろうが、誰かの人生をより良くしているのだと知っています。ロータリー入会のきっかけが何であれ、私たちがロータリーにとどまり続けるのは、ロータリーで充実感を得ることができるからです。この充実感は、毎週、毎年、「変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものなのです。(RI会長メッセージから抜粋)

 

【2017-2018年度国際ロータリー第2690地区 スローガン】

 RI第2690地区ガバナー 池上 正

RI会長のテーマを受けて地区スローガンを「Take Action」とします。行動することはロータリーの合言葉「世界でよいことをしよう!」の基本です。職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕も行動することなしには達成されません。歴代のRI会長は行動、実践を奨励しています。ACTIONなきVISIONは夢にすぎないと。RI会長のテーマ・VISIONを元に計画し、実践しましょう。

 今年度は「会員増強」を最重点目標に掲げました。RIではゾーンの再編が進められており、日本は3ゾーンから2.5ゾーンへと変更されております。日本の発言権を得るためには日本からのRI理事が毎年存在することが必要です。それぞれのRCの置かれている環境により困難な面も有ると思いますが是非とも増強目標達成に努力していただきますようお願いします。

 地区としてクラブの活動を支援する目的で新会員へバナーを贈呈いたします。また、ロータリーのポスターを地区内会員の皆様に差し上げ公共イメージ向上、会員増強に用いて頂けるよう願っています。

(ガバナーメッセージから抜粋)

 

地区目標

 目標1  会員増強(純増3%)
 目標2  RI会長賞の取得(各グループから1クラブ以上)
 目標3  ポリオ撲滅に協力(ポリオプラスへ寄付 30米ドル/人)
 目標4  ロータリー財団への支援(年次基金への寄付 150米ドル/人)
 目標5  ロータリーカード普及への協力(普及率40%)
 目標6  米山奨学会への支援(普通寄付5,000円/人、特別寄付10,000円/人)
 目標7  地区補助金の活用(プロジェクト40件以上)
 目標8  グローバル補助金への挑戦 (単年度では難しい、中長期的に、戦略計画で)

 

本年度の西南ロータリークラブの活動目標および計画

①会員増強純増2名を目標とし、退会防止にも努める。

・女性会員の増強を図る。

・40歳未満の会員増強に複数年かけて努力しよう。

・未充填職業の補強をしよう

②RI会長賞の取得にチャレンジする。

(会員の増強目標UPに努める。財団への寄付、人道的奉仕他)

③プログラムは内容の充実を図り魅力ある例会にする。

④親睦活動は「楽しく、明るく」をモットーに会員の友好を促す。

⑤出席率の向上に努める。

・出席率80%以上、メークアップ90%以上を目指す。

⑥ポリオ撲滅への協力(2018年はポリオ撲滅の最終年度です)

⑦児童養護施設「南野育成園」との交流事業を行う。

・芋掘り(社会見学等を併せて計画)

・南野育成園が開催する「南野まつり」運営への参加。

⑧青少年奉仕 国際交流と親善

・台中東南RCとの交換学生として、就実大学生を2名派遣。

・財団学友(伊藤宏恵氏、柾木和敬氏)によるオペラジョイントリサイタルへの助成。

⑨県立興陽高等学校3年生対象、就職面接指導会を実施する。

⑩環境の持続性への植樹

・2018年4月22日の「アースデイ」までに会員1人が1本の植樹をする。

・植樹場所の検討をする。

⑪ロータリー財団への支援

・年次基金への寄付 150米ドル/人

⑫米山奨学会への支援

・普通寄付5,000円/人  ・特別寄付10,000円/人

⑬ロータリーカード普及への協力・・・・・(現状維持するよう努める)

⑭補助金事業への挑戦

・地区補助金事業   「ドキュメンタリー映画「クワイ河に虹をかけた男」に学ぶ これからの世界平和」

・地区世界社会奉仕  台中東南RCとの協同事業「スワジランド水源プロジェクト」

⑮スマイルは前年同様を目標とする。

⑯岡山西南RC創立50周年の準備事業の推進には、積極的に協力をお願いします。