2018年12月1日(土) : ドキュメンタリー映画「みんなの学校」上映会&公開座談会

この映画は、「全ての子どものためにある小学校」のドキュメンタリーです。

すぐに教室を飛び出してしまう子、つい暴力をふるってしまう子、子どもはみんな違います。

子どもだけではありません。先生、保護者や地域の人も一緒になり学校を作っています。

支援が必要な人のためにある学校ではありません。

自分とは違う「隣人」を思いやり、助け合う。

これはあなたの世界でもあります。

あなたも一緒に、映画の中の人たち同様に戸惑ってください、悩んでください、喜んでください。

上映会後、それぞれ立場の違う4人と共に学校のこと、社会のこと、自分を取り巻く世界のこと、境界線をなくし語り合ってもらいます。

どんな人も気付きと学び、これからの社会の生き方へのヒントがあると信じています。

日 時 : 2018年12月1日(土) 13:00~16:30

場 所 : 三木記念ホール(岡山市北区駅元町19-2岡山県医師会館内)

参加費 : 無 料

問合せ先 : 岡山西南ロータリークラブ事務局

 

2017年9月3日(日) ドキュメンタリー映画「クワイ河に虹をかけた男」上映会開催

「クワイ河に虹をかけた男」上映会&監督トークショー

 1.日 時 : 9月3日(日) 13時〜16時30分 (12時30分開場)

 2.場 所 : イオンモール岡山5階 おかやま未来ホール

 3.ゲスト:満田 康弘監督 (KSB瀬戸内海放送)

 4.対象者:高校生・大学生・専門学生(一般の方も参加出来ます)

 5.参加費:無料

祖父・祖母から戦争体験を聞くことがほとんどできなくなった現代。戦争とその後の岡山出身の永瀬隆さんの人生を追ったドキュメンタリーには後世に伝えていきたい大切な気持ちがたくさん詰まっています。多くの世代に見て、次世代に伝えてほしいです。

《チラシより》   「僕たちは”こんな戦争”のことは、教えてもらっていない」

太平洋戦争中、陸軍通訳をしていた永瀬隆さんは岡山の人。永瀬さんが配属となったタイ・カンチャナブリには想像できない、とんでもない現実があった。

強制労働、拷問、伝染病、何万人もの死を目の当たりにした。
永瀬さんの旅は戦争が終わって始まった。幾度となくタイを訪れ「和解と償い」「平和」を一途に願う永瀬さんの人生がスクリーンの中にあった。

20年間という長い年月で変わっていく社会、解けていく心、忘れられない言葉。この巡礼の旅には、誰にも教えてくれなかった日本のリアルがあった。