「ロータリーで学ぼう」

岡山西南ロータリークラブは本年度で創立52周年を迎えます。

前々年度の50周年の高揚感の余韻をかみしめながら、諸先輩から受け継いできた歴史と伝統に磨きをかけて、次の60周年へと繋いでいきたいと思います。

今般の新型コロナウィルスの感染拡大は、私たち人類の英知と協調力が試されているのかもしれません。例会や各行事の中止等、様々な困難が生じていますが、「明るさと忍耐力」そして助け合いの心で乗り越えられると確信しています。

困った時は四つのテストの「みんなのためになるかどうか」を判断基準にしていけばよいのではないでしょうか。

さて、本年度のクラブスローガンは「ロータリーで学ぼう」にしたいと思います。出席して学び、先輩からも後輩からも学び、クラブ行事に参加して学ぶ。

会員相互の情報交換、時には議論もして、本音を語り合うのも学びでしょう。

ロータリークラブで学べば、仕事や様々な状況で気づきを得ることができ、心が晴れやかになり、きっと楽しくなると思います。

私たちが楽しそうにロータリーのことを話せば、周りの方々をその仲間にしやすいと考えます。こうした学びの気持ちを広げていくことがそのまま会員増強になります。

本年度の役員に会員増強、プログラム委員長が入るのは、ビジョン委員会からの提言、理事役員会での議論を経てのことであり、何としても会員増強を推進しなければ、当クラブの今後が危ういという今すぐの危機感の表れだと思います。

地区の最重要目標である「会員増強」を、「学ぶ仲間を増やそう」と「クラブの危機を救う」の両面からアプローチしていきたいと考えます。

また、私たち会員にとっては、例会やクラブ行事に出席して自ら楽しみを見つけようとすることが必要だと感じます。特に8月以降、青少年奉仕、地区大会、社会奉仕、職業奉仕と行事がたくさんあります。こうした行事への出席率の高さがクラブ力を上げる原動力ではないでしょうか。

これから1年間、ロータリーで学び、仲間を増やして大いに楽しみましょう。

皆さまご協力の程よろしくお願いいたします。

会長 楠本俊憲(生命保険)