活動報告

岡山県立興陽高校創立100周年記念・R財団100周年記念公演会 : 2017年5月11日(木)

興陽高校が創立100周年迎える事に鑑みインターアクトクラブ提唱クラブであるご縁で当高校において「地球のステージ」の公演会を開催しました。これは地球規模の視野に立ち、今後の日常生活の中に国際貢献、国際交流の視点を取り入れるきっかけづくりの場を提供する事を目的としたものです。また「ロータリーデー」と位置付け、ロータリーについてVTRにより広報活動をするとともに「ポリオ」の完全撲滅に向けた募金活動にも取り組みました。興陽高校生徒、教師、同窓生、PTA、地域の方々、後援いただいたクラブ会員等約800名のご参加を頂きました。山陽新聞に掲載されました。

 

献血活動 岡山備南RCに協賛 : 2017年5月6日(土)

岡山市北区表町 クレド岡山 ふれあい広場にて岡山備南RC主催の献血活動に協力しました。

参加者は会員9名、岡山県立興陽高等学校インターアクトクラブの生徒17名、顧問教師1名。献血受付者59名 献血者52名でした。

 

南野育成園交流事業「竹の子掘り」: 2017年4月29日(土)

会員12名、南野育成園職員、園児34名が参加して行いました。事前準備から多くの時間を費やしましたが、子供たちが楽しみながら自然と触れ合う光景は本当にいいなぁと思いました。社会奉仕・青少年奉仕委員会。

 

米山奨学生オリエンテーション : 2017年4月22日(土)

RI第2690地区2017学年度米山奨学生オリエンテーションが米子全日空ホテルにて開催されました。当クラブの奨学生は岡山大学修士課程2年生です。日本語が堪能で大変明るい素直な好青年です。例会に出席したら積極的に話してみて下さい。会員の皆様のご協力をお願いします。

当地区では新規奨学生学部・修士・博士課程22名、地区奨励1名、海外応募1名、継続4名の合計28名を迎える事となりました。

西南の集い in  福知山 : 2017年4月22日・23日

福知山西南RC主催「西南の集い」に会員・パートナー13名で出席しました。参加8クラブ106名の参加者で和気藹々とした雰囲気でした。熊本西南RCから「熊本地震の際、皆様からいただいた義捐金はすべて熊本城復興の為に寄付させていただきました」との報告がありました。また「お礼の思いを込めて次回の開催は熊本で」という申し出があり、次回は「西南の集い in 熊本」に決定しました。

 

 

地区研修・協議会 : 2017年4月16日(日)

会場:倉敷芸文館  出席者:会長エレクトおよび次年度の幹事・職業奉仕、社会奉仕。国際奉仕、青少年奉仕の各委員長が次年度の活動について学びました。

 

岡山西南RC創立48周年記念夜間例会 : 2017年4月7日(金)

多くの会員・パートナー及び台中東南RCから30名の会員・パートナーの皆様にご出席いただき盛会のうちに終える事が出来ました。

 

台中の皆様のお出迎え、観光、ゴルフ、見送りまで心のこもった「おもてなし」ができ、大変喜んで頂けました。

 

台中東南RC創立48周年記念式典:2016年12月11日~13日

12月12日(月)台中東南ロータリークラブ創立48周年記念式典に会長幹事をはじめ、18名で参加してきました。

桃園空港にてお出迎え

市内観光・親睦ゴルフ

歓迎会

台中東南ロータリークラブ創立48周年記念式典

お見送り

 

 

岡山備南ロータリー主催の献血活動に参加:2016年11月6日(日)

 

 

 

蒜山三平山下草刈り及び最終年度記念植樹:2016年11月5日(土)

09-10年度11-12年度にて実施いたしました植樹地は「おかやま森づくり県民基金事業費補助金」もいただき、しっかりと管理してまいりましたが、今年度は、六ヵ年計画最終年度となります。それを記念して下草刈りに加え「記念植樹」を実施してきました。
秋晴れの下、蒜山三平山を見渡せる場所に記念植樹(シダレザクラ)をして、足掛け6年の事業を無事終了しました。

 

 

 

2016-17年度国際ロータリー第2690地区 地区大会へ参加:2016年10月29日(土)~30日(日)

10月29日(土)・30日(日)の両日、鳥取県米子市及び境港市においてRI第2690地区 地区大会が開催されました。

 

 

 

南野育成園交流事業『芋ほり体験』・『ドイツの森 自然に触れ合う』ツアー開催:2016年10月8日(土)

10月8日(土)芋掘りで自然の恵みに感謝し、ドイツの森にて動物・自然に触れ合いました。

 

南野育成園交流事業『芋ほり体験』・『ドイツの森 自然に触れ合う』ツアー 南野育成園交流事業『芋ほり体験』・『ドイツの森 自然に触れ合う』ツアー
南野育成園交流事業『芋ほり体験』・『ドイツの森

南野育成園交流事業『芋ほり体験』・『ドイツの森 自然に触れ合う』ツアー

 

 

吉井川源流を訪ね「環境保全」を知る会を開催:2016年9月11日(日)

9月11日(日)社会奉仕委員会・親睦活動委員会合同企画として、岡山三大河川の一つである吉井川の源流を訪ね、その環境に触れる事により「環境保全」を学んできました。

吉井川源流を訪ね「環境保全」を知る会 吉井川源流を訪ね「環境保全」を知る会
吉井川源流を訪ね「環境保全」を知る会

 

 

ガバナー公式訪問夜間例会:2016年9月2日(金)

9月2日金曜日に庄司尚史ガバナーをお迎えし、例会を開催いたしました。プログラムでは庄司ガバナーから講話を頂きました。RIテーマ「人類に奉仕する ロータリー」、地区スローガン「地域のため 世界のため」の意味を説明されました。そして、地区庶務幹事 小板勇次様からは「地区大会のご案内」というテーマで地区大会の魅力を説明していただきました。

 

 

岡山県立興陽高校において、就職面接練習会を開催しました:2016年8月29日(月)

8月29日(月)青少年奉仕委員会と職業奉仕委員会合同で岡山県立興陽高校において、就職面接練習会を開催しました。出席者は、岡山西南RC会員会長以下22名、興陽高校生徒92名、顧問教師、進路指導教師、岡山丸の内RC儀間幹事の方々です。
普段から先生と生徒で面接の練習をするようですが、今回の練習会では、生徒の一生懸命さがちがう、面接についての情報量が格段にちがう、非常に参考になったと感謝していただきました。

 

 

台中交換学生歓迎夜間例会パートナー同伴ビアパーティー:2016年8月26日(金)

去る8月26日金曜日に台中交換学生歓迎夜間例会パートナー同伴ビアパーティーを開催致しました。台中東南ロータリークラブからもPETER会長を始めとして交換学生2名を含む8名の訪問団と共ににぎやかなパートナー同伴夜間例会を開催いたしました。会の中盤にかけてはうらじゃの踊り連の「俄嘉屋(にわかや)」の皆さんに「うらじゃ」を披露していただきました。

 

台中東南RC交換学生 岡山の思い出 平成28年8月27日~8月31日


倉敷 大原美術館


直島


田中会員の会社で職場体験


ドン.キホーテでお買い物


お茶席体験


備前焼体験


備前焼体験


備前焼体験


最上稲荷にておみくじ

 

 

南野育成園にて開催された「南野まつり」に参加:5月16日(土)

毎年恒例の「南野まつり」に出店しました。心配された雨も降ることなく近隣からも大勢の来客があり、とても賑わいました。当クラブからは古南会長をはじめ11人の会員が参加し「ガラポン景品交換」「バルーンアート」「塗り絵」のブースを設営しました。ガラポンコーナーでは、当たり玉が出た子供の笑顔がとても印象的でした。バルーンアートコーナーでは、大人顔負けの作品に感心しました。様々な催し物に元気に興じる子供達を見て明日への活力をもらった一日でした。

 

 

早朝清掃・献血活動:5月3日(日・祝)

ゴールデンウイークまっただ中の岡山市表町商店街で清掃活動をしました。西大寺町時計台からオランダ通りを北上、シンフォニーホール周辺で進路を西に向け、中山下公園から南下し川崎病院裏を通り、元の時計台に戻るというコースでした。今回は献血活動と同日に行うということで場所を岡山駅周辺から表町に変更しました。ゴミの量は多くありませんでしたが、タバコの吸い殻が目立ちました。10時30分からは岡山備南ロータリークラブ主催の献血活動に協力しました。興陽高校インターアクトクラブからインターアクター9名、顧問教師2名が参加し、皆さんの呼びかけもあり多くの方が献血をされました。

 

 

 

第2690地区インターアクト地区協議会:4月25日(土)~26日(日)

4月25日(土)~26日(日)の両日、サン・ピーチOKAYAMAに於いて「第2690地区インターアクト地区協議会」を開催しました。(ホスト:岡山西南ロータリークラブ・岡山県立興陽高校インターアクトクラブ)

佐藤芳郎ガバナーエレクトをはじめ地区委員、インターアクト提唱クラブのインターアクト委員長及び地区内17校の顧問教師が参加し、7月25日(土)~26(日)に開催する第39回インターアクト地区大会について熱心に協議しました。

 

 

 

西南の集いin岡山:4月18日(土)

全国の「西南」と名の付く9ロータリークラブ(大阪西南・京都西南・熊本西南・鹿児島西南・松本西南・福知山西南・東京西南・広島西南・岡山西南)が岡山・倉敷に集まり「西南の集いin岡山」を開催いたしました。他クラブから71名の来岡者、岡山西南RCから21名が参加し、総勢92名の大イベントとなりました。ちなみにこの西南の集いは前年度京都で開催され、今回が2回目です。14時に倉敷国際ホテルロビーに集合し、倉敷美観地区の散策、大原美術館分館・工芸東洋館の鑑賞。美観地区の散策ではボランティアガイドさんが面白おかしく建物や橋、地名などの由緒を説明され有意義なひと時を過ごしました。17時30分から大原美術館本館のイブニングツアーを実施。ビールやワインを飲みながら大原美術館の名画を鑑賞する、普段できない体験をしていただきました。19時から倉敷アイビースクエアーで懇親会。古南会長の開宴の挨拶、京都西南RCの鈴木会長の乾杯で始まり、楽しい宴となりました。小山親睦活動委員長の名司会による各クラブの代表の方からのクラブの近況及びお国自慢は大変盛況でした。最後に伏見会長エレクトの閉会の挨拶、「手に手つないで」を歌い、来年の再会を約束してお別れしました。

 

 

 

南野育成園との交流事業「いちご狩り」と「チビッ子木工教室」:4月11日(土)

 午前9時に南野育成園を出発し園児38名、職員8名、岡山西南RCのメンバー10名で岡山サウスヴィレッジにおいて、いちご狩りを体験しました。パックに入った綺麗ないちごは見たことがあるでしょうが、いちごの花や熟していない白いいちご、食べごろになった真っ赤ないちご等、大小取り混ぜての様子を見るのは初めてだったでしょう。たくさん食べておなか一杯になったようでした。南野育成園で昼食を頂いた後、午後1時からはチビッ子木工教室を開催。クラブから木製ベンチの贈呈後、子供たちは木工キットで筆立てや宝石箱等を会員のサポートを受けながら製作しました。出来上がった作品はカラフルに色づけしてオンリーワンに仕上げていました。子供たちの生き生きとした笑顔を見ることができ、参加した会員達も笑顔でした。

 

 

 

創立46周年記念夜間例会:2015年4月3日(金)

松本祐二ガバナー、笛木久雄ガバナー補佐をお迎えし、岡山西南ロータリークラブ創立46周年記念夜間例会を開催いたしました。 例会に於いて、松本ガバナーから「ポリオ根絶に関する経過と方向性」と題して講話を頂きました。ポリオ撲滅について、あらためて考えさせられるひと時でした。
「ロータリークラブの役が回ってきたときは、できると思って引き受けましょう。うまくできないときは任命者の責任と割り切りましょう。」という大変興味深いお話もありました。
懇親会は古南会長の開宴の挨拶、井村ソングリーダーによるクラブソング斉唱、笛木ガバナー補佐の乾杯の音頭と続き、ガバナー、ガバナー補佐を囲んでの宴の合間に会員各位からの近況報告等があり、皆で楽しい時間を過ごしました。伏見会長エレクトの閉会の挨拶の後、全員で「手と手つないで」を歌って散会しました。

 

 

 

台中東南ロータリークラブ創立46周年記念祝賀会訪問:12月12日(金)

岡山西南ロータリークラブと姉妹クラブ・台中東南ロータリークラブの創立46周年記念祝賀会が12月12日に挙行されました。我々岡山西南ロータリークラブのメンバーとパートナーで総勢11名が参加しました。飛行機が1時間遅れるというハプニングがありましたが、12月11日夕刻に本体10名が無事台中に到着しました。その後、盛大な歓迎夕食会を催していただきました。

 

 

翌日は朝から、台中観光にご案内いただきました。まず、中台禅寺に行きました。大変大きな禅寺で多くの修行僧が修行に精進しているそうです。その後、日月潭という風光明媚な湖のほとりに建つ雲品酒店で昼食をいただきました。

 

12月12日の夜は、いよいよ本番の創立46周年記念祝賀会です。中華民国国歌、日本国歌斉唱に始まり台中東南ロータリークラブのHEALTH会長の歓迎の挨拶、JIM地区ガバナーの祝辞等と続き、岡山西南ロータリークラブの古南会長の祝辞となりました。この夏交換学生として我がクラブが受け入れた周賢(ユリ)さんが通訳をしてくれて、会場から多くの拍手をいただきました。

 

その後懇親会に移り、酒食のおもてなしを受けました。台中東南RCのメンバーの方々のダンスやご夫人方の合唱、フルートの演奏も披露されました。大変楽しく微笑ましい演出でした。乾杯は紹興酒の一気飲みが台湾式で、台中東南RCの方々が次々と乾杯をしに来られるのには、いささか参りました。

 

祝賀会も午後9時には終わり、我々岡山西南RCの為だけに2次会がセットされていました。こちらはほぼカラオケ大会といった趣向でした。

 

翌12月13日には、岡山へ帰る日です。朝からHEALTH会長ご夫妻をはじめ多くの台中東南RCのメンバーが台中駅までお見送りくださいました。
 この三日間は両クラブの友情を一層深める事が出来た大変有意義な訪問でありました。謝謝。

 

 

南野育成園との交流事業  芋ほり・本の読み聞かせ会・書棚及び図書の贈呈 10月11日(土)

去る10月11日(土)、台風19号の接近が心配される中、南野育成園との交流事業を実施いたしました。
まず、午前中、備前市佐山の農場で南野育成園の園児たちと芋掘りを楽しみました。大小さまざま、形もいろいろのさつまいもを園児たちは歓声を上げながら楽しそうに掘り起こしていました。収穫物は園に持ち帰り、昼食で頂きました。残りは後日の食材になるようです。
こちらには山陽新聞、TSC(テレビせとうち)の取材がありました。

南野育成園で園児たちと参加した我がクラブの会員は昼食を一緒にいただきました。その後、地区補助金対象事業「南野育成園児童への優良図書寄贈と読み聞かせ会」を実施しました。
岡山市立幸町図書館元館長の小野田美紀子さんと朗読塾の水野智晴さんによる個性豊かな本の読み聞かせをしていただきました。小野田さんの読み聞かせは紙芝居風で、水野さんの読み聞かせは一人芝居風でした。本の読み聞かせにもいろいろなスタイルがあるんだなあと感心いたしました。園児たちも食い入るように熱心に聴いていました。
その後、我が岡山西南ロータリークラブ古南会長から南野育成園樋口園長に対しまして「書棚2本・優良図書の目録」の贈呈式を行い、全ての行事を終了しました。
こちらには、Oniビジョン、OHK(岡山放送)の取材がありました。

 

 

RI第2690地区 地区大会へ参加 10月4日(土)・5日(日)於:島根県益田市「グラントワ」

10月4日(土)・5日(日)の両日、島根県益田市「グラントワ」でRI第2690地区の地区大会が開催されました。
5日の本会議には当クラブから前日出発組、当日早朝出発組、合わせて20名が参加しました。
午後からの記念講演「和魂和才・すこやかに生きる漢方の知恵」と題する寺澤捷年先生のお話は大変興味深く、参加者皆が熱心に聞き入っていました。
岡山からかなり距離があり、往復するのにも時間がかかりましたが充実した一日を過ごしました。

 

 

 

ガバナー公式訪問・台中東南RC交換学生歓迎夜間例会(パートナー同伴)を開催しました。平成26年7月25日(金)

去る7月25日金曜日に松本祐二ガバナーをお迎えし、また台中東南ロータリークラブからもHEALTH会長を始めとして交換学生2名を含む7名の訪問団と共ににぎやかなパートナー同伴夜間例会を開催いたしました。最初は松本ガバナーから講話を頂きました。RIテーマ「ロータリーに輝きを」、地区スローガン「笑顔でSERVICE」の真の意味を説明されました。そして地区目標についても一つ一つ丁寧なご説明がありました。特に「End Polio Now」への取組を力説されておられました。

例会終了後、懇親会にうつり、古南会長の挨拶、続いて台中東南RCのHEALTH会長の挨拶の後、松本ガバナーの乾杯に音頭をとっていただきました。

 

 

南野育成園の園児と竹の子掘り及びチビッ子木工教室を開催しました 平成26年4月20日(日)

南野育成園の園児と竹の子掘り及びチビッ子木工教室を開催しました。

竹の子掘りには園児24名が参加し、大きなスコップを扱い約150kの竹の子を収穫しました。

その後、南野育成園に場所を移し、木工教室を行い、慣れないのこぎりとくぎを使って本棚、椅子、貯金箱、スノコ等を作成しました。

なお、当日は多くの報道陣が来て、テレビで放映し新聞に掲載されました。

 

 

京都で「(仮称)西南の集い」に出席しました 平成26年4月19日(土)

京都西南RC(中島俊則会長)がホストクラブとして開催された「(仮称)  西南の集い」に出席しました。

「(仮称)西南の集い」は、「西南」と名前が付く全国の9つのRCが、京都西南RCの呼びかけで昨年結成された集まりです。全国から55名の参加者があり、岡山西南RCからは会長・幹事を含めて5名が参加してきました。

祇園甲部歌舞練場での都踊りを見学した後、京料理をいただきながらの懇親会を行い、最後は祇園「桝梅」でのお茶屋体験でした。

都踊りやお茶屋体験等初めての人がほとんどで、とても楽しい集いでした。

京都西南RCの皆様、本当にありがとうございました。

次年度は、クラブ創立順という事で当岡山西南RCがこの集いを開催することになりました。

 

 

 

姉妹クラブの台中東南RCの皆さんを直島へご案内しました 平成26年4月12日(土)

姉妹クラブの台中東南RCの皆さんを、島全体が「アートの島」として有名な直島へ案内しました。

朝8時にホテルを出発し、9時42分着のフェリーで宮浦港に着き、地中美術館、ベネッセハウス、アートハウス等を見学しました。

前日の創立45周年記念祝賀会に続き、台中東南RCとの友好を深める楽しい旅行となりました。

 

 

岡山西南RC創立45周年記念式典と祝賀会を開催しました 平成26年4月11日(金)

岡山西南RC45周年記念式典と祝賀会を開催しました。

安永会長の挨拶、末吉実行委員長の開式の言葉の後、RI第2690地区ガバナー森本信一様にご祝辞をいただきました。

その後、RI第2690地区第10グループガバナー補佐藤原健補様による「出会い・触れ合い・助け合い~人と人とのつながりを求めて」と題した講演を行いました。

 記念事業として南野育成園へ金一封を寄贈し、歴代会長・幹事の表彰、更に永年在籍会員の表彰を行い、式典を終了しました。

 

式典後、姉妹クラブの台中東南RCから簡本昌会長はじめ24名の会員及びパートナーが加わり、祝賀会を開催しました。

 

会員の手作りによるハンドベルの演奏、弘西備前太鼓唄普及会の皆様による「備前太鼓獅子舞」が披露され、和やかな祝賀会となりました。

 


南野育成園の子供達と特別養護老人ホーム健老園訪問 平成26年3月8日(日)

今年度2回目の「南野育成園と施設訪問」で、特別養護老人ホーム健老園を訪問しました。

5人の園児たちがAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」のダンス、お手紙披露、質問コーナー等を行い、

愛くるしい表情や声で施設の方々に元気を届けました。

 

 

RI第2690地区 第10・第11グループ 合同 インターシティ・ミーティング   平成26年1月19日(日)

 ホストクラブ:岡山旭川RC・岡山西南RC  本会議:岡山コンベンションセンター 懇親会:岡山全日空ホテル

テーマ「震災より学ぶ・・・ロータリーとして出来ること、次世代に伝えるべきこと」

第1部 特別講演「東日本大震災に学ぶ ロータリーの役割」

     RI第2520地区 2010-11年度ガバナー/元復興支援特別委員長 楢山直樹氏

     所属クラブ:盛岡西北ロータリークラブ/職業分類:税理士 楢山直樹事務所

第2部 地域の防災~新世代よりのメッセージ

    講演「《地域の防災を考える》岡山で巨大地震が起こったら」

     岡山理科大学 総合情報学部生物地球システム学科 教授 西村敬一氏

    発表①新世代よりのメッセージ

    「被災地へのボランティア体験を通じて得たもの、ロータリーに望むこと」

      被災地ボランティア参加の高校生(AMDA高校生)

    発表②各クラブ新世代奉仕関係者からのご意見(フロア発言)

    「我がクラブの新世代奉仕活動の現状と今後の方針」

      代表6クラブの新世代奉仕関係者

 

 

3RC合同新年互礼会 平成26年1月14日(火)  岡山西南RC・岡山備南RC・岡山岡南RC

 新年恒例の3クラブ合同新年互礼会が岡山岡南RCのホストで開催されました。初春らしい篠笛の演奏、3クラブ対抗カラオケ大会、初笑い餅つき大会などの楽しいイベントで、3クラブの親睦がよりいっそう深められました。

 

 

年末家族夜間例会 12月20日(金)

多くの会員ならびにご家族の皆様にご参加いただき、楽しいひと時をともに過ごし、会員及び家族間の親睦を深めることが出来ました。

 

 

ゴルフ同好会報告 12月14日(土)

 寒風吹きすさぶ中、本年度第6回、岡山西南・岡南RC合同ゴルフコンペを、

後楽ゴルフクラブで開催しました。総勢19名のご参加でした。

成績は以下の通りです。

              OUT    IN   GROSS  HDCP    NET

優 勝 森脇 慎(岡南) 50 46   96 28.0 68.0

準優勝 山中真悟(岡南) 48 52 100 27.6 72.4

3 位 小橋祐治(西南) 49 45   94 21.0 73.0

 

 

10月19日(土)児童養護施設南野育成園との交流事業『芋掘り収穫と、自然とのふれあい体験』を実施しました。

 参加者は南野育成園から小学生18人、中高生8人、職員7人、当クラブ員11人、計44人が参加しました。 心配していた前日からの雨もやみ、邑久町での芋掘り。「でっけぇー、すげぇー」子供たちの歓声の中、大人たちも童心に帰り、1時間であっという間に掘り上げてしまいました。自然の恵みに、雨と、顔を見せ始めた太陽に感謝しました。 備前焼まつりの渋滞とかさなり約1時間かけて和気町の岡山県自然保護センターへ。 駐車場から各自お弁当を持ち、センター棟までの約1kmの道のりをまたまた時間をかけて歩きました。 国の特別天然記念物タンチョウの習性などの詳しい説明を、普段は立ち入ることもできない場所まで案内していただき、熱心に聞き入りました。まじかにタンチョウを観察できるのは、40数羽いる岡山県自然保護センターでしか体験できないことです。  昼食は秋の味覚いっぱいのお弁当。午後からは課外研修。自生する木の実・昆虫の話等、指導員が丁寧にわかりやすく説明。広場でのネイチャーゲームでは子供たちと大人が手を繋ぎ、目隠しをして、まわりの木々の肌に実際にさわってみて、感じてみる事などを体験。「どうして秋には木の実が赤色になるんじゃろー?」「どうやってどんぐりの実は落ちてから増えていくんじゃろ?」子供たちの視線で終始問いかけてくれました。 昨今、身近な自然環境が損なわれ、身の周りの生き物たちが減少し、人の手をさしのべてやらなければ滅んでしまう生き物も少なくありません。自然との触れ合いの中で、自然との付きあい方を学び、様々な生き物たちとの共存の大切さを考えさせられた秋の一日でした。

 

 

創立45周年事業② 盲導犬啓蒙活動プロジェクト『岡山のちびっ子集まれ~盲導犬ってしっとる?~』 平成25年9月15日 於:アークホテル岡山 牡丹の間

創立45周年事業②盲導犬啓蒙活動プロジェクト『岡山のちびっ子集まれ~盲導犬ってしっとる?~』 平成25年9月15日 於:アークホテル岡山 牡丹の間

岡山市内の小学生を対象とし盲導犬を知ってもらう事を目的とした会を開催。参加者は小学生約90名、保護者約50名、ロータリアンその他合計176名。内容は関西盲導犬協会、岡山県盲導犬友の会の皆様による、DVD上映、盲導犬訓練のデモンストレーション、視覚障がい者疑似体験、ユーザーのお話など。その後のアンケートでは子供たちの99%が「盲導犬のことがよくわかった」と回答。

 

 

 

「第37回岡山県インターアクトクラブ指導者講習会・岡山西南ロータリークラブ創立45周年記念事業」 同時開催 8月25日(日)

岡山西南RC IA地区委員 藤澤敏典

 

第37回岡山県インターアクトクラブ指導者講習会・岡山西南ロータリークラブ創立45周年記念事業が平成25年8月25日、浅野敏美 国際ロータリー第2690地区第11グループガバナー補佐、川上昌俊インターアクト地区委員長を来賓にお迎えし、県下のインターアクター、顧問教師、関係ロータリアン、総勢170名を集め、国際交流センター 国際会議場において盛大に開催されました。
(ホストRC:岡山西南RC ホストIAC:岡山県立興陽高等学校)

記念講演は岡山大学大学院環境生命科学研究科 西垣 誠 教授による、若者たちへのメッセージ「自然災害~人はそれに対して何ができるのか?~」
続く実務体験談は岡山西消防署ハイパーレスキュー隊 齋藤雅之 副隊長による「東日本大震災における救助活動を通して~命の大切さを考える~」
また、東日本大震災被災体験談として、東日本大震災被災地より臺(だい)隆裕 君(被災当時高校生で現在大学生)による「東日本大震災による経験から」
さらに、ボランティア体験談として、AMDA高校生会による「被災地訪問を通じて感じたこと 高校生にできることとは?」岡山県立興陽高等学校インターアクターによる「大槌町から学んだこと~ボランティアと防災理解~」おかやま山陽高校インターアクターによる「東日本大震災復興支援活動報告~被災地の現状と高校生による復興支援活動~」等の体験発表がありました。
インターアクターの皆さんが、今回の講習会を通して 一人一人が奉仕活動のリーダーとなるための“大変有意義 かつ、心に残る何か”を感じとって頂けたものと思います。

 

 

 

芸術鑑賞・歴史探訪同好会報告 8月17日(土)

8月17日(土)岡山県立美術館で開催中の「細川家の名宝展」へ行ってきました

 

 

台湾交換台中訪問短期交換学生 8月6日(火)~7日(水)

8月6日(火)、7日(水)と台湾へ行って参りました。交換学生の花岡里仲さん、小野田麗子さんを無事送り届けて来る事ができました。同行者は竹下幹事、伏見国際奉仕委員長、野口国際奉仕委員。先に訪台していた黒岩国際奉仕副委員長と椎原国際奉仕委員と合流し、夜間例会に臨みました。

 台中のロータリアンからはいつものように歓待していただきました。「今年11月の継続調印の時には30人くらい予定しているのでよろしく」とお願いされました。期待に沿うべく多くで訪台したいと思います。皆様よろしくお願いいたします。
 会員増強の方法について会長に尋ねてみたところ友人の紹介が多いとの事でした。女性会員はと尋ねますと「ダメ」です。奥さんがうるさいという答えでした。クラブとしては月に一度は夜間例会を実施しており、奥様方も毎月1回集まっているとか。宴会には奥様方も積極的に参加されており、月に一度は夜間例会を夫婦で楽しむといった感じです。岡山西南では同じようにはいかないと思いますが、参考になるのではないでしょうか。
 この度の宴会に出てみて、お酒の代わりに水を飲んでいる会員が多かった様に思います。日本と同じように飲酒運転が厳しくなっており、飲酒を控えているようです。各テーブルを回りましたが、返盃が多くなかったので助かりました。2次会を含めて午後10時ころにお開きとなりました。
 今回の訪台に野口会員がいてくれて非常に助かりました。交換学生二人の色々なことの相談に乗っていただいた様ですし、相談もし易く、男性会員が立ち入れない事柄もあったでしょうから。後は8月12日に二人が無事帰国してくれることを祈るだけです。

 

 

岡山の四季を感じて早朝清掃 8月4日(日)

岡山の夏まつり『うらじゃ』の朝。過去最高の7,000人の踊り人が舞う主会場の市役所筋と桃太郎大通り、延長約3.2kmを会員、及び、家族・関係者総勢37名で早朝清掃しました。6時30分、他の団体に負けないように、一斉にスタート。朝陽をあびて、汗をかきながらの1時間。前日に花火大会が開催されたこともあり、ゴミは思いのほか多く、軽四トラックに軽く1台分のゴミ袋が集まりました。岡山の街の笑顔と歓声と元気に、少しでもお役にたてたなら嬉しく思います。今後の予定は11月・2月・5月です。岡山の美しい季節の中で、移り行く四季を感じてほしいと思います。街路樹、街並み、行きかう人々・・・その表情は決していつも同じではありません。身近なところに何か新しい発見も期待できます。清掃は社会奉仕の原点。一人ひとりの心が少しでも豊かになる奉仕活動を実践していきたいと思います

 

 

 

 

 

ゴルフ同好会報告 7月20日(土)

本年度第1回、岡山西南・岡南RC合同ゴルフコンペを岡山金陵カントリークラブで開催しました。総勢15名のご参加でした。成績は以下の通りです。


                OUT  IN GROSS  HDCP  NET
優 勝   椎原裕二(西南)  41  39  80   7.2  72.8
準優勝   森下雅人(岡南)  41  43  84  10.8  73.2
3  位   藤原眞人(西南)  52  49  101  27.6  73.4

また、当日に行われたオープンコンペには、本徳会員が80位、岡南RCの近藤会員が20位で牛肉のセット、藤原会員はなんと準優勝でキャディーバッグをもらわれていました。次回は8月24日(土)山陽ゴルフ倶楽部で開催いたします。皆様奮ってご参加ください。

 

 

ガバナー公式訪問 7月5日(金)

7月第一例会に RI第2690地区 ガバナー 森本信一様、地区代表幹事 脇利幸様、地区大会副実行委員長 山岡正知様をお迎えいたしました。
 

《森本ガバナー挨拶》

7月1日、ガバナーに就任したばかりの森本です。一年間よろしくお願いします。小林パストガバナーとは同年代でもあり、ノミニー時代大変お世話になりました。浅野ガバナー補佐とも古い友人です。今年度の貴クラブの活動計画は素晴らしく、若々しいクラブと存じております。本日はRI会長ロン D.バートン氏の考え方、及び、今年度の地区方針についてお話します